新たな労働時間制度の検討を指示

たぶん、「週休二日制」を知らなかった人にしてみたら、今の制度は「甘っちょろい」って見ちゃうと思うんですよ。いや、私自身は、子どもの頃、「週休二日制」じゃありませんでしたけど、就職して働くようになった頃には当然のように「週休二日制」だったんですね。ですから、土曜日も休みであることは、当然のことと思ってます。思っちゃってます。

でも、古い人からしてみたら、そんなこともないんですよね。土曜日は、当然、働くものなんでしょう。

新たな労働時間制度っていうのは、いってみれば、もっと甘っちょろい環境になるわけです。それこそ、昔の人からしてみたら、おそらくは生活が成り立たないくらいに甘い環境なんでしょう。「そんなことで、やっていけると思ってるのか!」みたいに憤慨しちゃうんでしょうねぇ。

それだけ、人間の能力、持久力みたいなのが、落ちてる、ってことなんでしょうか。昔の人のほうが能力が高かった、ってことなんでしょうかねぇ。私自身がダメダメ人間なことは認めますけど…。

飛ぶ統一球 ミズノ社が12球団に謝罪

この問題が発覚して、「打たれたピッチャーにとっては死活問題」みたいなことが盛んにいわれました。まぁ、それもそうだとは思いますけど、逆も真なんじゃないでしょうか。そう、飛ぶ球を使っていながら、クビになったバッターのことです。

そりゃ、ピッチャーは、「打ちとった」って思ったにも関わらず、思った以上に飛んで、痛い目に遭ったことが想像できます。でも、逆に、直撃させたにも関わらず、思ったほど飛ばなかった、その結果、解雇された野手もいるはずなんですね。おそらく、そういう元選手たちにしてみれば、「もっと飛ぶようにしといてくれよ!」って感じなんじゃないかと思います。

それこそ、「どうせ飛ぶんなら…」って、思っちゃってるんじゃないでしょうか。そんな、わずかに反発係数が高いくらいじゃなく、「スーパー・ボール」くらいに飛んじゃうものにしてくれればよかった、って思っちゃってるんじゃないでしょうか。いや、さすがに「スーパー・ボール」っていうのは、やりすぎだとは思いますけど。

亡男性の金詐取未遂 容疑で元准教授逮捕

額にもよるとは思いますが、この犯人は「2500万円」を狙ったとのこと。2500万円なら、「そりゃ、やるだろ」って感じですね。感心するのも変ですけど。

でも逮捕されちゃったわけですから、ダメだったんでしょう。「2500万円」を成功しちゃってたら、そりゃ賛美を受けるんでしょう。っていうか、成功しちゃってたら報道もされないんでしょうけどね。報道されないわけですから、知られることもないわけで。もちろん、私が知ることもないんでしょう。

きっと、そういう人がいるはずなんですよね。知られてない、凄い人がいるはずです。「2500万円」どころではなく、もっと高額を成功しちゃってる人がいるはず。でも、報道されませんから、誰も知らないんでしょうねぇ。知られざる凄い男…。いや、男じゃないかもしれませんね。「凄い女」かもしれません。

いやいや、「おねぇ」かもしれませんよ。カッコよくはありませんけど、「凄いおねぇ」がいるかもしれません。世界的に大きなことをしちゃってる「おねぇ」がいないとも限りません。まぁ「おねぇ」なんですけどね。

不明マレーシア機残骸か…豪が発見、インド洋に24メートル物体

「残念」っていうのも変ですけど、見つからないでいてほしかった気がします。見つからない世界記録を叩き出してほしかった気がします。世界記録が何日なのか知りませんけど、記録に残ってほしかった気がします。

あるいは、あり得ない地域から見つかったほしかったところですね。マレーシアから中国に向かったにも関わらず、全然関係のない、大西洋で発見されちゃってほしかったところですねぇ。常識的には考えられないことですけど、常識をはるかに超えちゃってほしい気がします。夢を見せていただきたいところです。まぁ、他人事ですからね。当事者だったら大慌てしますけど、他人事ですから。

24mの物体ってことですから、たぶん期待の残骸なんでしょうねぇ。でも、まだ希望は捨ててません。「希望」とはいわないのかもしれませんけど、今、話題の「ダイオウイカ」かもしれませんよね。ダイオウイカがそんな暖かいところにいたら、それはそれで大騒動になっちゃうんだとは思いますが。

父の遺体放置 無罪判決

どうなんでしょうね、遺体が近くにある生活って。きっと、馴れちゃえば何でもないんだとは思いますけど、馴れるものなんでしょうか。

生きてる人間でも、邪魔に感じられることがありますよね。まぁ、私はその邪魔にされちゃう側ですけど、「ちょっと邪魔!」なんていわれることがあります。生きてる人間なら場所を変えるってことが可能なわけですが、遺体はそんなこと、できませんからねぇ。どうするんでしょうか。

あ、でも、人間だと思うから移動することを前提として考えちゃうんでしょうかね。人間じゃなく、モノだと思えばいいんでしょう。動かないモノだと思えば。

それにしちゃ邪魔かもしれませんけどね。そんなところに置かない、ってところに遺体があるかもしれません。それこそ、玄関を入ってすぐのところにゴロンと堂々と遺体があったら、たぶん邪魔でしょう。どこに放置されてたのか記事を見てもわかりませんけど、玄関すぐのところだったら、きっと邪魔ですよねぇ。

防災頭巾になる椅子開発

それって、必要なんでしょうか。どうなんでしょうか。

モノですから重量は確実にあるはずですから、何でも、鉄アレイ代わりにはなりますよね。「もち上げれば、筋力が鍛えられます」って、いえるはず。何でもありですけどね。そりゃ、すべてのモノに重量があるんですから、何でも、繰り返しもち上げれば鍛えられることでしょう。

そもそも、椅子を「かぶる」っていう感覚があるものなんでしょうか。防災頭巾になるわけですから、かぶらないといけないんでしょうけど、椅子をかぶりますかねぇ? 抵抗感もあるでしょうに。

この椅子が当たったら、何でも「かぶれる」ようにしちゃうかもしれませんよね。私はこうして今、キーボードを叩いてるわけですけど、いざとなればキーボードもかぶれるようになっちゃったら、いいかもしれません。いや、かぶりませんけどね。かぶらないでしょうけそ、そういう機能をもたせちゃってもいいはず。繰り返しますけど、私はかぶりませんよ。

たぶん、ほとんどの人が、キーボードなんて、かぶらないはずです。

今年こそプラス思考で

「プラス思考」で行こうというのが、今年の目標。今年こそはプラス思考で、ポジティブに行こうと考えたわけです。これまで何かと、マイナス思考でしたからね。

まぁ、マイナス思考でも、物事に慎重に向かう、っていう、いい面もあるんですけどね。「石橋を叩いて渡る」なんて言葉がありますけど、マイナス思考は、石橋を叩きはするんですが、でも、違う道を通るんです。そのくらい慎重なんですね。モノはいいよう、でしょう。「慎重」っていえば、よく聞こえるのに、「マイナス思考」とか「ネガティブ」とかいうと、悪く聞こえますもんね。

顔にシミが増えてきてるんですけど、これも、これまでのマイナス思考ではなく、プラス思考で行こうと思います。つまり、これも年齢を示すいい印なんですね。なきゃダメなんです。もしシミがなかったら、若く見られちゃいますからね。街でナンパされちゃいますから。

いわゆる「シルバー割引」も、対象外かと思われちゃいますもんね。でも、シミがあれば、割引対象者になれます。

っていいつつ、シミはやっぱり、虚しいもんですね。やっぱり、根はマイナス思考なんでしょう。

数えてみてわかったことですが

習慣とは恐ろしいもので。私、食後にはコーヒーを飲むのが習慣になってるんですね。気づかないうちに、無意識のうちにコーヒーを飲んでるんです。

まぁ、考えてみれば、そういう習慣があったんですけど、試しに、何回、コーヒーを飲むのかカウントしてみたんです。すると、食事は3回なのに、コーヒーは5回、飲んでました。食後だけだと思ってましたから食事の回数と同じだと思ってたんですけど、おやつ的にも飲んでるようなんですね。

「ようなんです」ってくらい、自分では意識してませんでした。でも、違ったんですね。「なくて七癖」なんていいますが、まさにそんな感じでした。意外なくらいにコーヒーを飲んでました。

カフェインには中毒性があって、慢性化する要素もあるそうですから、私、そのカフェイン中毒なんでしょうか。不安になってきました。「ジャンキー」なんでしょうか。とりあえずは法の範囲内だとは思うんですけど、自分で直さないと、どうにもなりませんよねぇ。

これだけコーヒーを飲んでるわけですから、コーヒーによる歯の着色も、避けられませんよね。カウントしてみて、驚きましたもん。呆れましたもん。

来ましたね

テレビを見てて、女優さんを「老けたなぁ」って思うことがあります。女優さんはきっちりとメイクして照明も当てられて、でも見ててそう思うくらいですから、実際に目の前にしたら、どんな感じなんだろうなぁ、なんて思っちゃうんですね。

それと同時に、自分も歳をとってるんですよねぇ。「人のフリ見て…」って言葉がありますけど、「老ける」ってことは、他人事ではないんですよね。自分も確実に歳をとってるわけですよ。しかも、女優さんみたいなメイクもライティングもないわけです。これって、ヤバすぎるでしょ。

もう、とっくに「お肌の曲がり角」なんてのを過ぎてるんです。ですから、年齢が気になるんですね。女優さんを見て「老けたなぁ」って思うポイントが、私も、他人から見たら「老けたなぁ」って思われるところだと思うんです。

やっぱり、特に気になるのは口元ですね。特に、ほうれい線の辺り。年々、深くなってる気がします。若い頃は彫りの深い顔に憧れてましたけど、ほうれい線が深いのは、まさに「不快」。ダジャレをいってる場合でもないんですけど…。

詐欺容疑:アマ格闘技団体代表を逮捕…大阪府警

名前は伏せますけど、ある有名な、元格闘競技選手が、ジムをつくったんですね。ホント、誰もが知ってるくらいの有名な人なんです(実名は出せないんですが)。でも、そのジムの申請が、フィットネス・クラブみたいなものだったらしくて、格闘競技の技術の指導はできなかったらしいんですね。

ホント、誰もが知ってる人で、どう考えたって、格闘技術を教えたくて仕方がなかったはずなんです。でも、その場所の資格として、教えることは御法度だったんだとか。その方、ちゃんと法律には従う人でしたから、そのとき、不本意ながらも、何の指導もできなかったんだそうです。

フィットネス・クラブでしたから、痩せてていい格好じゃないと説得力がなかったんでしょうけど、その人、痩せてなかったんですね。悪い言葉でいうと、「デブ」だったんです。フィットネス・クラブの経営者であるはずの人間が、「デブ」ですよ。そんなところ、栄えるはずもないでしょ。

案の定、なんでしょうねぇ、その某氏のジムというかフィットネス・クラブは、倒産しました。潰れました。そりゃそうですよねぇ、「デブ」がトップでは、「あそこは痩せない」ってことになっちゃうわけですから。